YAMANEcoaching.blog

自分の人生、自分だけの人生、やりたいことをやりたいようにやれた方が幸せなんじゃないのか。そう実感してからコーチングをはじめ、自分の理解者は自分しかいない。やりたいことを自分に素直い生きるためにコンサルタントとして活動しています。

人生とはなにか

今日は、ふと思いつくこと全部描いてみようと思って

ブログを久しぶりに更新します。

 

 

 

相変わらず悩みが尽きない僕ですが、

なんかこの歳でここまで悩めることが

ものすごく幸福なことなんだなって

改めて感じることができるようになりました。

 

 

 

悩めることが幸せって

なんか不思議ですよね笑

 

 

 

ずっとずっと結果が出ずに、

逃げ場もなく、向き合うしかなく、考える癖から

逃げることさえできず、

 

 

 

人生からも逃げようとしていた自分ですが

ようやくなんとなく、なんとなくわかったものが

ある気がするのでまとめてみようと思います。

 

 

 

さて、こいつは何を言っているんだ

と思っている人もいるとは思いますが、

見てくれているだけ感謝しなきゃいけませんね笑

 

 

 

書きたいことが多すぎて

何から描いていこうかな。

伝えようとせずに、思うがまま描いて行きます。

 

 

 

じゃあとりあえず

 

「なんのために生きているのか」

 

というところから話していきますかね。

 

 

 

「人生には目的がある。」

そういろんな偉人が言っています。

 

また、「人生には目的なんかない。

産まれちゃったからいきてるだけだ」

という人もいます。

 

 

 

なんかすごい矛盾ですよね笑

 

ここまで意見が違うって頭がおかしいのかとさえ

思ってしまいますが、

本来はこの目的っていうことを考えることさえ

どっちでもいいことなんだな

 

 

 

っていうことに気がつくことができました。

 

 

 

ちなみに言っておくと、

これが全てではないです。

 

この考えは、今日、2017_07_21日時点での

山根の考えなので幼稚かもしれませんし、

それ以上でもそれ以下でもないかもしれません。

 

これが正解かも不正解かもしれませんし、

結局何が言いたいのかもわからないかもしれません

 

 

 

だけど、今日気づけたことは、

「結局何が言いたいのかはわからない」

っていうことでいいんだっていうことです。

 

 

 

この世に正解なんて落ちてない

正解を作るのは自分しかいないし、

その正解に気づけることがすごいことなんだ。

ということを思うようになりました。

 

 

 

正解なんて存在しない、あるとしたらFACTだけ、

つまり事実だけなんですよね。

 

 

 

テストで90点が取れたという事実、

スマホがつかないという事実、

LINEの通知が来たという事実、

テレビから音が出ているという事実、

エアコンの電源が入っているという事実、

生きているという事実、

 

 

 

結局見えるものは事実だけ

大事なのは解釈がどうなるかなんですよねやっぱり

 

 

 

事実は変えられないし、

変えるように行動することができるが人間の特権なんですよね

 

 

 

もっと正確にいうと、

生きてる人間の特権ということです。

 

 

 

自分は事実さえも変えようとしてきました。

生きてるっていうことさえも

変えようとしたこともあります。

 

 

 

生きている意味がわからなくなってしまったから、

理由を探して、答えを探して、さまよって、迷って

考えていたからです。

 

 

 

生きている理由が欲しかった。

自分のためでも人のためでもなんでもいい。

自分が楽しくったって、傷ついたって

どうなってもいい。

 

 

 

ただ、なんのために生きてるのかを

実感できるような、生きてるっていう実感が

できるようなそんな理由が欲しいって思ってました。

 

 

 

それがいつまでたっても見つからないから

自分には存在する意味すらないんじゃないのか。

とか、人生なんていらないとか、捨ててもいいんじゃ

ないのかとか、思うようになりました。

 

 

 

周りの人も全て捨てようかと思ったことさえあります。

 

 

 

 

一生懸命、事実を変えようとしていたんですね。

生きる目的が欲しかったから。

 

 

 

だけどそれさえ、本来は違うことだった。

 

人生の目的を探し続けることは別にしてもいい。

だけど、それは事実を捻じ曲げるのではなく

解釈を変えないときっとできないことなんだと思う

 

 

 

んーー

それさえも言い切っていいのかはわからないけども

そもそもそこにさえ答えなんてないんだと思うんだ。

 

 

 

きっとこの世で変えちゃいけない事実というものは

「生きる」ということだけなのではないのだろうか?

 

 

 

「生きる」ことは変えてはいけない

少なくとも自分は生きることは変えてはいけないと

思うことができるようになった。

 

 

 

なんか頭がごっちゃごちゃで

何を言っているのかわからないが、

 

 

 

生きることは変えてはいけないのだ。

 

 

 

だけど、生きることを捨てた人から

考えるきっかけをもらっていることだってあるし

少なくとも、自分は生きることを捨てた、

もしくは生きれなかった人間から、

考えることがあるのだから。

 

 

 

この世の出来事もそうだし、ものもそうだし、

起こることもそうだし、きっと偶然だけど、必然なのだろう。

 

 

 

いや、それさえもどっちでもいいのかもしれない。

 

 

 

意味がわからないな笑 描いててすごく思う。

 

 

 

だけど、それこそが自分にとってはいいことだし

意味わからないのが素敵なことなんだと今は思える。

 

 

 

例えば、自分が心に残っていることを

一つ紹介します。

 

 

 

自分の人生を考える大きなきっかけをくれた

女の子がいる。

 

 

 

その子は、2回会っただけだが、(正確に言うと3回だが)

はっきりくっきりと自分の人生に跡を残してくれた。

 

 

 

そのこと話していた時、トイレに行きたくなって

トイレにいって帰って来た時、すごく心が動いた。

 

 

 

空っぽだったコップに水が入っていたんだ。

 

 

 

たったそれだけのことだけども、

されどそれができる人間がどれほどこの世の中にいることだろう。

 

 

 

ものすごく嬉しかったのを今でも覚えている。

 

 

 

その子は集合時間に、30分その日遅れて来た。

ちなみにほとんど連絡をせずに。笑

 

 

 

探したなー笑

 

 

 

ああ…。結局約束したのにな…。

と思って、トボトボ、、、落ち込んで歩いてた…。

「はー…。」とため息交じりにカフェで待っていたら

 

 

 

「ついた」と連絡がきて

びっくりしたけど嬉しかったのを覚えてる笑

 

 

 

そんで最初いたカフェに戻って、

席について、その子が飲み物を買ってくるのを

待っていた。

 

 

 

そしたらびっくり。

 

 

 

帰って来たその子が手にチーズケーキを

持っているではないか。

 

しかも、「はい」と僕にくれたんだ。

 

 

 

「え、いいの?」と思うと、

「遅刻して来たから」って言ってたっけ。

 

 

 

わかってるじゃん笑

と言うかそこまで気を使えるのってすごいな

と感心しつつ、嬉しくてめちゃくちゃ笑顔になったなー

 

 

 

それが今でも忘れられない。

本当の「まごごろ」ってこう言うことなんだな

って言うのを強く感じた。

 

 

 

きっとこの子って優しい子なんだな

本当はキラキラしてて優しくて、いや、

優しい何かを感じることができる子なんだ

って当時も思ったよな。

 

 

 

だから、根っから本当は優しくて

素敵な人なんだと思っていた。

 

 

 

だけどその姿からは想像できないほど

自分は嫌われちゃったのかな笑

 

 

 

嫌われるのは辛いけど、

その子の心が優しさに包まれてるって

そう信じたかったのかもしれない。

 

 

 

嫌われた自分を認めたくなかったからさ。

 

 

 

だけど、この行動にも、解釈と気持ちは

一つと言い切れないんだなって言うのを

今日改めて実感した。

 

 

 

今日、たまたまツイッターで流れていた

2ちゃんねる?のサイトで描いて会った物語をみた。

 

 

 

中学生にもなる女の子。

虐待を受けていた女の子が、大学生の男の子に保護されて

本当の優しさとか愛とか心を開くこととか、

人を思う気持ちだとか、それを鮮明に描いている物語だ。

 

 

 

それに出て来たこと。

その子が初めて出会った日の夜、

寝る間際になった時、急に服を脱ぎ出した。

 

 

 

そして、一言衝撃の言葉を放った。

 

 

 

「今日は美味しいご馳走と

暖かい部屋をありがとうございました」 

 

 

 

仕組まれたようなこの言葉。

 

 

 

痛いことをされないために仕組まれた

この行動と言葉を発していたんだ。

 

 

 

これをみて、思った。

 

 

 

自分は決めつけてたんだって。

 

 

 

自分がきっと場面は違くても、

初めて会った子供が、同じように

感謝の言葉を口にしていたら、

 

「すごくいい子なんだ。心が綺麗な素晴らしい子だ。」

 

と思っていただろう。

 

 

 

だけれども、これが仕組まれていたこと、

つまりやらないとダメだから、やっていたこと

だとしたら…。

 

 

 

そこまで考えられてなかった自分が

どれほど小さくて惨めかって言うのを

改めて実感した。

 

 

 

自分が出会った女の子ももしかしたら、

過去から来ている行動だったのかもしれない。

 

 

 

だって、その子は愛情がわからないと言っていたから。

目は死んでる訳では少なくともなかった。

だけども過去にとらわれていたのは事実。

 

 

 

小さい頃から母親に捨てられ、

父親には暴力を振るわれ、

生きてることさえも否定されてたんだ。

 

 

 

それを知っていて、

こんな心あったまるような行動を

してくれたもんだから、本心は優しい子なんだなって

思ってしまったんだよな。

 

 

 

だけど、気を使わなきゃいけなかった人生だったから、

人から好かれるすべを持っていただけなのかもしれない。

 

 

 

心のそこからの思い出そのすべを使っていたのかは

実際のところわからない。

 

 

 

もしかしたら違ったのかもしれない。

 

 

 

今はもう確かめようのないことだが、

このことからもわかることは、

人なんてわかることはできないし

答えはどれだかわからない。

 

 

 

小学校からずっと答えを答え続けて

正解と不正解をつけられて来た僕たちには

答えがない問題を理解するには時間がかかるかもしれない。

 

 

 

だけど、これが事実なんだと少なくとも僕は思う。

 

 

 

きっと全ての物事は「わからない」が正解だろう。

そもそも正解も不正解もないんだ。

 

 

 

だから余計正解を求めたくなるし、

不安にもなる。わからなくもなる。

 

 

 

だけどきっとそれでいいんだ。

 

 

 

きっとそこから生きる意味が見つかるのだから。

 

 

 

 

生きる意味というか、自分はどう生きたいのか

というところが見つかるんだと思う。

 

 

 

迷い続けて初めて、少しずつ自分を知れるように

なって言って、見つかるものなのかもしれない。

 

 

 

ちなみに、今日自分の生きる意味が

改めて見つかった気がする。

 

 

 

自分がどう生きたいのかだ。

 

 

 

それは「考え続けられる人生を送りたい」

ということだ。

 

 

 

なんか自分から出て来たものだからすごく納得できるし

しっくり来ている。

 

 

 

自分の周りには、好きなことをして生きて生きたい

とか、自由に生きて生きたいとか、

遊んで生きて生きたいという人が多い。

 

 

 

それにその反対で、死ねないから生きている

と言っている人もいたりした。

 

 

 

自分は死ねないから生きてるんだっていう考えに

なったこともあるし、楽しいから、自由という

言葉を使ってみたこともある。

 

 

 

だけどすぐなんかなーと思う時がやって来ていた。

 

 

 

他人の言葉を借りていたからだ。

 

 

 

で、今日見つかった考え続ける人生

っていうのはちょっと違う。

 

 

 

これは自分の中から見つかった答えだ。

 

 

 

最近悩むことがまた多くなった。

今までの人生を考えてきた時に、うまくいくことよりも

悩むこととか結果が出ないこととかの方が

比較的に多かったんだ。

 

 

 

だからこそこう思うのかもしれないが、

今の自分にはこの言葉がしっくりしている

 

 

 

「考え続けられる人生を送りたい」

考えるのがとにかく好きみたいだ自分は笑

 

 

 

最近、教師とか児童養護施設とか

いろんなものを調べたり、見たりしているが、

また目指そうかなと思っていた。

 

 

 

だけど自動養護教員になるためには、

やっぱり資格がいるんだってことを知って

なんか目指したいのかなー

ってまた思ってしまった。

 

 

 

虐待とかと全く縁のなかった自分が

なぜそこに関心を持つようになったかっていうと、

今年の1月にある女の子と出会ったから。

 

 

 

そこから本格的に盛大に迷い始めた。

 

 

 

だけど、だからこそ

自分の生きたい人生が見つかったんだと思う。

 

 

 

考えて考えて考えて考えて悩んで悩んで悩んで悩んで

苦しくてストレス溜まって、死にたくもなって

辛くて逃げ出したくて不安で、

 

だけど逃げ出すのも不安で、怖くて、

正解を求めて、どうすればいいのかすら

わからなくなって。

ごっちゃごちゃになった。

 

 

 

で、今日たどり着いた答え。

それは「自分って考えることが好きなんだな笑」

っていうこと。

 

 

 

きっと考えることが好きだから

考え続けてるんだなって気づけた笑

 

 

 

だって教師になって幸せな人生を歩んでる想像しても

嫌じゃなかったけど、なんか死んだ時に、「あー幸せだな」

って言って死んで言ってる気がした。

 

 

 

そこにはエネルギーはほとんどなく、

生きてたことに幸せを感じながら。

 

 

 

だけどそんな簡単には行かないし、

どうなるかなんてわからない。

先なんてわからないじゃないか。

どうすればいいんだ…。

 

 

 

脳内で勝手に会議が始まっているんだ。

 

 

 

そこで、脳に住んでるやつは、

きっと会議を開くのが、そして勝手に考え続ける

ことがすきなんだなっていう結論に辿りついたんだ笑

 

 

 

遊ぶことは楽しいが、別になくてもいい。

遊び中にすら考えちゃうからさ笑

 

 

 

別に自由じゃなくてもいい、

だって教師でも養護教論でも、働くことは

変わらないのだから。

 

 

 

養護教論にはなりたいと思う。

だけど、自分をわざわざ傷つけることにもなると思うし、

なんでわざわざそれをするんだ…。

そんなことまで考えていた。

 

 

 

自分ってどんな人間か。

それもわかるようになってそれも

わかるようになってきた。

 

 

 

嫉妬深かったり、メンタル弱かったり、妬みがあったり

実はこどもがあまり好きじゃない時もあったり、

恥ずかしがり屋だったり、寂しがりやであったり、

 

 

 

ごくごく一部でもこれだけわかったり

あとはもう書き出したら止まらないくらい、

自分のことをしれた。

 

 

 

自分=◯◯っていう正解は見つからないけど、

きっとこうやって「考える」ということが

好きなんじゃないかって今では思う。

 

 

 

考え続ける人生を送れるんだったらきっと

よかったなって思えるような気がしたから

それを書き記して起きたかった。

 

 

 

そしてあとは感謝だ。

 

 

 

自分に考えるきっかけを与えてくれる

今関わっている人や仕事に本当に感謝しなくてはいけない

 

 

 

そして出会ってくれる全ての人がいることが

当たり前じゃなくて素晴らしく恵まれたことなんだって

改めて気づいて感謝を忘れずに。

 

 

 

幸せ者なんだってそう思えたから、

だからこそ当たり前にせず、当たり前だと思ったら

失ってみた自分を想像してみて、

自分を観察すること。

 

 

 

そうすれば本当に進むべき道が

きっとどこかで見つかるはず。

 

 

 

見つからなくても大丈夫。

その姿をみて影響を受ける人はどこかにいるから。

 

 

 

だから死にたいのなら死ねばいいさ。

生きたいのなら生きればいい。たびに出たいのならし、

仕事をしたいからする。

 

 

 

それでいいじゃないか。

 

 

 

人の声でも目線でもない。

自分が選んだ選択ならそれでいいじゃないか。

 

 

 

だって死んだとしても、死んだっていうデータになり、

それが誰かの記憶に残り続け、何かきっかけを

当たえることができるようになる。

 

 

 

人間って、他人って、生きてるとか死んでるとか

そんなん関係なしに、「いる」っていうこと自体が

こんなにも素敵なことなんだなって今日も感謝をして

寝ようと思います。

 

 

 

唯一自分が望みたい世界があるとしたら、

虐待がなくなるといいな。

ビクビク怯えていい子になるのではなくて、

 

 

 

心から笑えるような人で、

この世が埋まってくれるといいな

 

 

 

都会でよくありがちな、

歩いてて肩がぶつかっても何も言わないという光景。

誰かが困ってても助けようとしないという光景。

 

 

 

あれが少しでもあたたかいものに変わっていったらな

ということを願って。人と人とが結ばれる、そして愛が

育まれる結婚式でいうと、アーメン。願うということ。

 

 

 

それを少しでも願って今日も考え続ける毎日を

過ごしていこうと思います。

 

 

 

今、起こっているもの、自分が関われている、

関わってくださっている、無意識にでも繋がることができた

全てもものに、全ての人に感謝して。

 

 

 

悩めることも傷つくことも全ては経験、

どんなに何かを言われたって嫌われたって

その考えるきっかけをくれた出会いに感謝して。

 

 

 

おやすみなさい。

 

 

 

>小説

http://ssin.blog.fc2.com/blog-entry-776.html?sp

幸せになるための順番ー絶対的法則ー自分の可能性を広げ、満たし、満たされ、今を生きるためにー

f:id:yusuke-1014-04:20170619160050j:plain

 

 

なたの人生には「人」は必要ないですか?

 

 

この問いに「Yes」と答えられる人が

この世界には何人いることでしょうか?

 

 

もし答えられる人がいるとすれば、

その人はすごい人だと思います。

 

 

だって人との関わりがなかったら

自給自足で生きていくしかないのだから。

 

 

俗にいう農家さんとかはこれに当てはまるんですね!

 

 

食べているものは全部自分で作っている。

しかしじゃあ家は?衣料品は?風邪を引いた時は?

 

 

自分で作ったもの以外の何かを

自分が持っているのだとしたら、

結局人とのつながりの中で生きているのだ。

 

 

人は人がいなくては生きることはできないのは事実。

 

 

だからこそ見知らぬ人だとしても

どこかしらで関わっているのかもしれない。

 

 

その人が作ったものを使っているのだから。

 

 

たとえその人が見えなかったとしても、

きちんと感謝をすることは大事になってくるのです。

 

 

あったこともない人に感謝をするのは

難しいことだと思います。

 

 

無理にしろとは言いません。

 

 

ただ、だとしたらあなたの周りにいる人、

話したことがある人、たまに会う人、

たまに連絡する人、たまに遊ぶ人、

一緒にご飯をいく人、一緒に時間を共有する人、

 

 

その人たちと一緒にいれるっていうことを

感謝することは大事なのではないだろうか。

 

 

一緒にいれることが当たり前じゃない。

当たり前の基準が高くなってきた

この世の中だからこそ、

 

 

もう一度当たり前は当たり前ではないことに

気づくことが大事になってくるのではないだろうか?

 

 

一瞬だけとか、いずれいなくなる人だからって

人を区別するのはいいこと。

 

 

だってそれはきちんと将来のことまで

見れているから考えられることなのだから。

 

 

だけどそう思ったなら動けばいい。

一生いれる人を探して、

一生生きれる状態に自分がなれるように。

 

 

感謝をして新しいもっと求めているものへ、

近づいていけばいい。

 

 

ここで大事になってくることは、

「求める」とはどういうことかを知ること。

 

 

いくら求めたとしても自分勝手では

帰ってくることは決してない。

 

 

それではいつになっても足りないものを求め続けて、

一生何か足りない感覚を持ったまま

生きることになってしまう。

 

 

そんな人生に違和感を覚えているからこそ

今何かに疑問を持っているのではないだろうか。

 

 

何かを求める時には絶対的な法則があることを

あなたはご存知だろうか。

 

 

最近よく言われている「引き寄せの法則」。

 

 

これにも同じことが言えるのだが、

引きようせの法則っていうのも、

引き寄せたいって思って誰かに近づこうとか

動こうとするだけでは手に入れることはできないんだ。

 

 

本当に引き寄せたいもの、

今自分が本当に求めているものを得るために

新しい出会いを探すことは大事になってくる。

 

 

だが、それだけでもいけないんだ。

ただの出会いからはただの人間関係しか生まれない。

 

 

本当に深く生きれるような

人間関係、信頼、信用があって、

 

 

その上で生きていける人間関係を

作るためにはあることが大事になってくるのだ。

 

 

それは「まず自分が与えること」

そして「相手の見返りを求めるのではなく与え続けること」

 

 

それができるようになって初めて

幸せというものは降ってくるのだ。

 

 

つまり自分が与え続けることによって、

相手を満たすことによって

初めてそのあとに相手が満たしてくれるという

状態を作れることができる。

 

 

物事はシンプルなのだ。

 

 

満たせば満たされることができる。

ただ、満たされることを考えて

相手を満たすのではなく、

 

 

本当に相手に幸せになってほしいという思いから

無償の愛情を伝えていくこと。

無償の満たしを与えてあげること。

 

 

それこそが良い人生を送るコツになってくるのだ。

 

 

ある人がこんな話をしていた。

 

 

陸上界で日本一になったことも

あるようなすごい人だ。

 

 

しかしその人は今は陸上から離れ、

たくさんの失敗や経験をしながら

生きたい人生を生きている。

 

 

その人が陸上を辞めた時に、

ずっとお世話になっていた監督に言われたことがある。

 

 

「俺はお前のためにこれまでやってきた。

お前にずっと尽くしてきたのにお前は俺を裏切るのか」

 

 

確かに監督がずっと面倒を見てくれて

人生を考えてくれて、

その上でずっと付き合ってきたのに、

 

 

尽くしてきた相手からお前とは

もう生きたくない。

 

 

と言われたらそれはショックだろう。

 

 

計り知れないほどのショックがあったと思う。

 

 

だからこそ、悲しいという感情を認めてあげて

受け入れてあげることも大事だろう。

 

 

だが、この監督は「裏切られた」という

事実を認められず、受け入れられず、

自分が傷つくのを恐れて、ある言葉を放つようになった。

 

 

「〇〇は俺がいないとここまで来れんかった。

あいつは一人じゃ何もできない」

 

 

これこそプライドをズタズタにされた

報復みたいなものだろう。

 

 

傷ついたことを認めればいいものを。

こうやって人間関係は崩れていく。

 

 

この言葉を聞いてショックを受けた

裏切った側の選手はそれから

「お前のために」という言葉だ大っ嫌いになったという。

 

 

「お前のためには結局自分のためになのだ。」

と。

 

 

確かにそうだとは思う。それ自体は否定はできない。

 

 

だが、お前のためにという言葉は、

監督にとっては事実だったのだ。

 

 

何千時間その選手と向き合って、

考えて家族よりも大切にしてきたのかもしれない。

 

 

それは紛れもなく「お前のために」

という言葉にふさわしい行動だろう。

 

 

だがきっと、それだけ尽くしたからこそ

プライドが許さなかったのだろう。

 

 

裏切られたことがショックで悲しくて

どうしようもなかったのだろう。

 

 

だから自己防衛のために、怒りが出てくる。

 

 

そして人を傷つけてしまったのだ。

 

 

この問題は「お前のために」

という言葉でも思いでもない。

 

 

人が離れていったという事実と現実を

受け入れられなかったその人自身の器になるのだ。

 

 

そしてそんな器がちいさかった監督を

許してあげられなかった、

その選手の器の大きさ、優しさにあるのではないだろうか。

 

 

許すことができていたら、

きっと笑顔で別れて入れたのかもしれないな。

 

 

だって与えるものは与えてきたのだから。

できることは全部やってきたのだろう。

 

 

だが、きっと選手は満たされることはなかったのだ。

何かが足りなかった。それはしょうがない。

 

 

完璧な人なんていないのだから。

だったら足りなかったものを

認めてつける努力をすればいいじゃないのか。

 

 

完璧じゃないからこそ可能性があるんだ。

 

 

人は可能性で溢れている。

可能性の塊でしかないんだ。

 

 

だから諦めなければきっと

その可能性には芽がでるさ。

 

 

今の場所が嫌なら変えればいい。

 

 

可能性がない場所なんていくらでもあるから。

 

 

客観的に見たらわかるはずさ。

 

 

だけど可能性で溢れた場所だっていくらでもある。

変わりたかったら変えればいいんだ。

 

 

その上で、人を満たし続けること。

 

 

自分ではなくまずは人を。

 

自分が満たされていなくてもいい。

 

それよりも人に。

 

誰かのために。

 

きっとそう動いていけば

満たしてくれる人が出てくるから。

 

 

満たせなくても

満たそうとしてくれる人が出てくるから。

 

 

その人の実力がどうであれ、

その人の能力がどうであれ、

大事なのは気持ち。

 

 

それを大事にしていけば、

きっと気持ちで溢れた幸せなものを

作ることができる。

 

 

気持ちを大事にしよう。

 

 

そして気持ちを求めるのではなく、

与え続けること。

 

 

そして気持ちを大事にすること。

足りないなら足りないって素直に伝えよう。

 

 

足りないことに気がつくチャンスにもなるから。

 

 

そうして初めて幸せに近づいていくのだ。

過去なんか関係ない。今を変えればいいのだから。

 

 

大事なのは今。

 

過去に囚われててもいい。

 

だけど今を諦めないこと。

 

変われるのは今しかない。

 

今を生きること。動こう。一歩ずつでも。

 

 

画像引用元:https://www.morganmckinley.co.jp/ja/article/%E4%BB%95%E4%BA%8B%E3%81%A7%E7%99%BA%E6%8F%AE%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%8C%E5%B9%B8%E3%81%9B%E3%81%AE%E3%81%A1%E3%81%8B%E3%82%89%E3%80%8D

最終閲覧日:2017/6/19/16:02

 

 

=================

 

 

<◆無料コーチングコンサル実施中◆>

 

 

f:id:yusuke-1014-04:20170619161923j:plain

 

山根悠輔(19中央大学2

コーチンコンサルタント

高校野球野球塾事業

・教育系事業

 

 

コーチングを使った

人生相談・進路相談をやってます

 

 

・進路に迷いがある

・やりたいことを見つけたい

・なにか悩みがある

・やりたいことを叶える方法を知りたい

 

 

理由はなんでも大丈夫!

 

 

自分は話すことで自分が成長できる

そして人ととの繋がりが増える

 

 

そのためにやっています^ ^

 

 

悩みがあってもなくても

話してみたいでもなんでもOK

 

 

僕と一度お話ししてみませんか?

 

 

あなたの理解者はあなただけ

あなたに眠る答えを一緒に見つけましょう!

 

 

個人LINE,LINE@からご連絡ください!^ ^

 

 

/////////////////////////////////

 

 

LINE@:ID @zns0666f

個人LINE:ID yuu-1014-baseball

Twitter:https://twitter.com/baseball_high_?lang=ja

Facebook:https://www.facebook.com/yusuke.yamane.756

 

 

////////////////////////////////

 

  

================

隣の芝が青く見えるー(環境選びで重要なポイントとは)ー昨日の自分より大きく成長するコツ

f:id:yusuke-1014-04:20170608115245j:plain

 
 
昨日の自分よりも大きく成長していくコツとは。
 
 
もっと行動しなくちゃ。って思う人って案外多いんだなっていうことに最近驚いたりしてます。
 
 
まあしょうがないことなのかもしれないですが、自分の一度きりの人生をどう進められるかって結局今の自分の行動でしかないんだと思います。
 
 
隣の芝が青く見えることはよくあることだと思う。だけど隣の芝が青く見えてるっていうこと自体がまだまだそこの可能性を活かしきれていないっていうことと同じだろうし、そもそもその環境にいて何か足りないものを感じるからこそ、隣の芝が青く見えるっていうのが事実だろう。
 
 
自分が今いる環境と自分はどれだけあっているものなのか。いくらいいものをやっている環境だとしても、そこの環境と自分が目指すものや自分自身がずれていては、その時間はきっと少しの成長しか得られないものになってしまう。
 
 
ポケモンとかでいうと、強いポケモンを倒したはずなのに、経験値すっくな。。っていう感覚に似ているのだろう。そもそも今強そうって思っている目の前にいるポケモンは全然強いものではなく、そもそも経験値がほとんどつかないものなのかもしれない。
 
 
それはしょうがないんだ。だって最初何もわからない状態でわかるものなんて何もないのだから。
 
 
だから何が正解で何が不正解かなんて答えはない。
 
 
だからこそ、何か環境を見る時に、一番見るべきところはどこか。
 
 
それは上にいる人と中間層、下にいる人の「意識の差」だ。
 
 
例えば、ものすごく大企業でいい会社と世間一般には言われている会社があるとする。
 
 
きっとトップはものすごく心が広かったり、想いを持って仕事をしているはず。
 
 
だけど、実際にそこの支部のトップは?部長は?一つ前を進んでいる先輩は?
 
 
結局一番身近な先輩の意見や行動にしか届かないっていうのが、環境に染まるということ。
 
 
その先輩を超えて行くっていうことはなかなか難しいんだ。
 
 
もともとスキルとかセンスとか才能があったならそれは別物。
 
 
だけどそういったものが一切ない時に、何を基準で環境を選ぶべきかっていうとやっぱりそこには人が大きく関わってくる。
 
 
そしてその人たちが目指しているもの。きっと優秀なところほど、レベルの高いところほど、一人一人が違ったものを追っていて、目指しているものを個々人できちんと持っているだろう。
 
 
人間全く同じ人はいない以上は、同じものをやっていて同じものを目指している人たちはごく稀でしかない。
 
 
だからこそ一つ上の先輩がどういう意識でやっていて、どういう目的を持ってやっているのか。
 
 
そこを見れば一目瞭然にそこに自分が属した未来が見えてくることだろう。
 
 
確かに努力をすれば、一定のレベルまではいけるのかもしれない。だけど突き抜けられるどうかにはセンスも想いも大きく関わってくる。
 
 
だからこそ、きちんと見極めることが大切になってくる。
 
 
きちんと自分の中で物差しをもち、挑戦したいなって思ったら思いっきり飛び込んで見たらいい。
 
 
そこで飛び込めるかどうか、進めるかどうかは、きっと自分を信じられるかどうかによって変わってくる。
 
 
要するに自分を愛せているかどうかというところだ。
 
 
自分は自分を愛するということが苦手なことは多い。
 
 
だけど、それでは大事な時に、結局大事な決断ができない状況に陥ってしまうだろう。
 
 
だけど、そんな自分もきちんと理解した上だったら、あとはどう進めばいいかはおのずと見えてくるものだと自分は思う。
 
 
何かに迷っている時、そして何が不安かが明確に見えているということはきっと目の前にあるものは陸上でいうハードルでしかない。
 
 
ひょいと乗り越えさえすれば、まっすぐに道は続いているのだ。
 
 
ただ、もしその壁が漠然としたものとして感じるのだとしたら、それは壁ではない。きっとまだハードルに届くくらいまで走れていないのだ。
 
 
まだ壁を超えるだけのスタートラインにすら立てていないのだろう。
 
 
もし今壁にぶつかっているのならばすごいことだと認めてあげよう。だってちゃんと動けたのだから。
 
 
生きていく中で一番怖いのはなんとなくすごくこと。
 
 
迷いながらでもいいからきちんと行動まですることで、新しいものは何かしら見えてくる。自分自身も必要なものも、進むべき道も、使うべき環境も。
 
 
そうして初めて見えてくるものなんだ。
 
 
だからこそ、一回どんな自分でも認めてあげよう。どんなに惨めてできていない自分だったとしても、そんな自分を認めてあげよう。そして受け入れて許して、「ま、自分だからな」って笑って愛して上げられる心を持とう。
 
 
そうすればきっと、次の行動がおのずと見えてくるはず。何も見えないのならば、見えるまで新しい行動をして見ればいい。
 
 
あとは失敗をしても諦めずに挑戦すること。学習と、逃げることを覚えるのは違う。
 
 
きちんと学んで次に生かすこと。あとはわからないことを明確にしていけばきっと道は見えてくる。
 
 
あとは見えた道を進むだけだ。ハードルを一つづつ超えて、ゴールを目指して進んでいるだけ。ハードルを倒してしまっても、またすぐ次のハードルに挑戦して超えていけばいい。
 
 
使えるものを全て使って、最後は一人で乗り越える。それができればきっと今は見えていない新しい世界が見えてくることだろう。あとはそんな可能性を感じた自分を信じてみること。そして引き際もきちんと考えること。時間は有限だから。だからこそ今をもっとよりよく進んでいこう。
 
 
最終閲覧日:2017/6/8/11:53

自由に生きることの本当の意味

f:id:yusuke-1014-04:20170607181549j:plain

 

 

 

ー自分の人生を決める前に、もう一度あなたの価値に気がつこうー
 
 
最近、いろんなニュースを見るが、その中ですごく気になるものがある。それは誰かを否定するものだ。
 
 
例えば、テニスで有名な錦織がテニスラケットを試合中に投げてぶっ壊した。それをみた人が、これが日本を代表する選手のやることじゃない。と言う。
 
 
本田圭佑が、日本の自殺問題に対して、他人のせいにするのではなくて、他人の成功に囚われるのではなくて、自分なりの道に進めばいいのではないか。と言うような発言をしたことに対して、それは成功者が言う、自己責任論だ。と言う人がいる。
 
 
いろんな考えの人がいる中で、賛否両論いろんな発言が飛び交っているのが今のこの世の中である。
 
 
ぶっちゃけ自分からしたらどうでもいいのが事実だ。
 
 
だって、それって個人の自由じゃない?
 
 
ストレス発散でものに当たる人がいてもいいんじゃないかな。
だって人に当たる人もいるし、ものを買う人もいるし、一人になる人もいるし、みんなストレス発散には何かしらするでしょう。
 
 
その時に取ろうと思った行動がそれであっただけで、他の人がとやかく言う問題ではないと自分は思う。
 
 
言ったところで何かが変わることではないし、嫌だったらみなければいい話だと思う。だけどそこに感情が動かされたから発言をしてしまうのが人間なんだ。
 
 
人間の原動力は「感情」だ。
 
 
だからこそ人間はこう反応してしまうんだ。
 
 
だけどこの人たちの影響力は自分は計り知れないと思うのも事実だ。
 
 
だって、日本の自殺問題に対してツイートを一回するだけで、届けたい人に思いを届けることができる。
 
 
しかもものすごく大きな範囲で。
 
 
自分が思ったことを、思った問題を、どうしても感情が動いてしまうような問題に対して、何かをしようと、想いをのせたツイートをするだけで、実際どれだけの人が救われたのだろうか。
 
 
人間、誰かのことを否定したくなる生き物だから、何かをすると言うことは、反対を食らうことなんか当然なんだ。
 
 
だからっていつまでもビビってちゃ、結局伝えたい人にまで届かなくなってしまう。
 
 
想いがあるなら届けよう。感情が動いたなら届けよう。
 
 
何かを感じるのならば、それを誰かのせいにするのではなくて、自分から動いてみたらいい。
 
 
届けたい誰かのために、そして、それに心を動かされてしまった自分のために。
 
 
なによりいけないことは、心が動いたのにも関わらず、自分には無理だと、できないと決めつけ、挑戦することをやめることだ。
 
 
挑戦するのをやめた瞬間、その人の可能性はきっとそこで止まってしまう。
 
 
何かを感じたなら動いてみたらいい。どんな形でもいいから動いてみたらいい。
 
 
結局自分に嘘をついて、偽っているからこそ、誰かのせいにして、過去の自分のせいにして、今の可能性に目を向けないからこそあと一歩動けないのだろう。
 
 
だって、今はどんな形だとしても、世の中に価値を与えてる人がいる限り、自分は誰かに支えられて生きていることになる。そしてお金を持っていると言うことは何か価値を生み出していることになるんだ。
 
 
どんなバイトだとしてもそれは誰かのために、やくに立っている

 
 
誰かに価値を与えているのだ。それが感謝と言う形で帰ってくるかなんか誰にもわからない。ただ、そこにある事実として、生きている、お金を持っていると言うこと自体が、その人には価値があるんだって言う証明なんじゃないだろうか。
 
 
例えバイトをしていなくとも、お金を親からもらっているのだとしたら、その人には親からしたら生きていて欲しいだけの価値があるのだ。
 
 
人は支え合って生きているのは事実。
 
 
だからこそもっと広く許しあって生きていく必要があるのではないだろうか。
 
 
左右の人と同調しあって、うなずき合って、合わせあって生きるのではなく、自分一人でいることにもっと価値を感じて。
 
 
就活に不安な人は数多くいると思うし、未来に不安を抱えている人はたくさんいることだろう。
 
 
それはしょうがないことだ。
 
 
もし今の場所に不満があるならそこから逃げてもいいんじゃないのか。
 
 
居続ける必要なんて決してないと思う。
 
 
就職しないと生きていけない、今はバイトで生きていけたとしても、将来きっと困るだろう。そう思うことは悪いことじゃない。だって危機感をちゃんと感じれるのだから。
 
 
だけどそこで自分らしさを失って、自分の価値を捨てるようなことをするんだったら、価値の見せ方を覚えたほうがいいのではないだろうか。
 
 
人は人に価値を与える形がわからないからこそ、どこかに雇われようとする。そうしなければ生きていけないから。
 
 
だけどどうやったら価値を与えることができるのかをしっかりと自分のスキルとしてつけることができるならば、きっとあなたの価値は今以上にもっと大きなものになるだろう。
 
 
そしてあなたが自由にあなたらしくいきることに、価値を感じて対価を払ってくれる人が出てくるんだ。
 
 
今は世界中の人と繋がれる時代。と言うことは日本中の人と繋がることだって、難しいことではない。
 
 
だったら、あなたを求めている人にあなたの価値を届けてあげたらいいのではないのか?
 
 
届ける方法がわからないならば学べばいい。聞けばいい。
 
 
これを読んでくれているあなたに、僕の想いが届いているように、この世の中には自分の思い、価値を人に伝える方法はいくらでもある。わからなかったら聞けばいい。
 
 
そうやって少しづつでも価値を伝えられるように変わっていけばいい。動いていけばいい。
 
 
そうすればきっとあなたのうちなる思いが、それを求めている誰かに届くのだから。そしてそれを受け取った人の心に突き刺さり、あなたの想いで人が変わる、そんな価値を与えられる人間になることができるだろう。
 
 
自分で価値を作り出し、それを求めている人に届けて見たからこそ初めてわかることだったのだと自分は思う。自分で何もないところから売り上げをあげられる人間になれたからこそわかることだと思う。自分で価値を届けられる人間になれたからこそわかることなんだと思う。まだまだ未熟だが、そこだけは確実にわかる。
 
 
今がどんなに辛くても、今を諦めてはいけない。だってもっとあなたには可能性が溢れているのだから。その可能性を忘れてはいけない。
 
 
自分自身に秘められた可能性を信じて、逃げずに前に進み続ける。時には進路変更が必要になる時もあるだろう。いっぱいいっぱいになることもあるだろう。怖くて一歩踏み出せない時もあるだろう。
 
 
その時は誰かを信じて、自分を信じて前に進んでみること。その先にはきっと何か可能性が待っているんだと信じて進み続けること。
 
 
今を大切に。時間は戻ってこないのだから。
 
 
生きたいように生きることはできる。その可能性を今日も自分を信じて、生きていこうじゃないか。
 
 
感情のエネルギーを大事にして。
 
 
感情のために動いて見ればいいじゃないか。
 
 
自分のために、そしてあなたが放つ価値を感じてくれる人のために。まだ出会っていない、あなたの価値を求めている人のために。
 
 
今日も自分を信じて進み続けよう。

 

 

画像引用元:http://www.kudn-sc50.blog/entry/2017/05/09/063000

最終閲覧日:2017/6/7/18:17

価値が無くなる時は逃げた時。自分の本当の価値に気がつくために

f:id:yusuke-1014-04:20170607180904j:plain

 

 

 

どんな時も本質に辿り着かないと結局はズレた解釈になることが多い
 
 
何かを考える時や、何かに取り組む時、何かの失敗を反省する時にも共通して言えること。
 
 
それは本質まで辿り着かなければ、きっと根本的な解決にはならないこと。そして一番重要な行動まで変わらないことだ。
 
 
1月にある子に出会ってから、いろんなことを考えるようになった。
 
 
例えば事業をやっていて、もっと可能性があるのにそれを引き出せなかったこと。少し遅れてしまっただけで、人の人生がもうちょっと良くなったかもしれないのに、自分の力はどうしようもないこと。
 
 
最近そんなことが良くある。
 
 
自分は特に落ちるときは落ちる。考える、そして気づけるという点ではいいのかもしれないが、実際に気づくまでの時間がかなりかかるのが問題点でもある。
 
 
「遅かった」
 
 
その一言に尽きる。
 
 
それ以上でもそれ以下でもない。
 
 
この世で起きる全ての現象は、常に自分を成長させるために起きているもの。
 
 
だから挑戦しても逃げてもたとえ消え去ったとしても、それはなんでもいい。
 
 
そこから何かを学んで、何かを感じ取ればいいのだから。
 
 
人との出会いはきっと運命なのだろう。
 
 
自分には、いつも大事なことを気づかせてくる人がいる。
 
 
自分のやりたいことをくれた人でもあるし、自分にとってはものすごくきっかけになった人。その時の自分のレベルでは何もできなかったという事実だけが残でもある。
 
 
その人にあることを言われた。
 
 
それは「同情」しないこと。
 
 
人間は一人では生きれないのはわかりきっていること。
 
 
だが、「生きる」という動作自体は自分でしかできないのだ。
 
 
つまり、人は一人でしか生きることができない。
 
 
だからこそ、人の気持ちをわかろうとすることはできるが、人の気持ちをわかることはできない。理解することは到底できやしない。痛みも気持ちも一切わかるはずがないんだ。
 
 
人はみんな違う生き物。
 
 
だからこそ、一人しかいない特別な存在でもある。
 
 
別にいてもいなくても変わらないかもしれないし、その一人一人に特別な生きる意味があるかどうかなんかわかりようがない。
 
 
だけど、だからこそ面白いんだと思う。
 
 
だって、どんなに皮肉な人でも鬼畜な人でも残虐な人でも残酷な人でもずるい人でも人を騙す人でも
 
 
その人に出会えて、よかったって、結果はどうであれ、また一つ解釈が増えたって思えれば、どんな人でも生きてる意味はあったのだと思う。
 
 
それが誰かの何かに繋がって、その何かがきっと誰かに届くのだから。
 
 
例えば、過去に虐待を受けていた人がいたとする。その人のご両親はさぞかし愛のない冷たい人なのだろう。そう解釈することもできるし、そういう子は特に愛情っていうものがわからないから、感情がわからない、生きてる意味がわからないって言うことが多い。自分には価値がないって言う。死にたいけど死ねないって。
 
 
きっとその子にとってはそれか消えない痛みで、きっとそれは自分にはわかり得ないような深い痛みなのだろう。
 
 
ただ、その痛みがなんであれ、その子に出会い、その問題に触れ、その子の価値観に触れ、自分なりに自分やその子と向き合って、その問題に向き合って、答えは出なくても考えたり、進むきっかけになったならそれでいいんじゃないのか。
 
 
その子には少なくとも、自分にとっては価値のある人間に見えた。とても素敵に見えた。だって自分に何か価値をくれた人だから。それがどんな形でも。そしたらそんな価値を生める人を産んでくれるきっかけになったご両親はきっと価値のある人間だったのだろう。
 
 
例え報われなかったとしても、その価値にはいつか気がつく必要がある気がする。
 
 
人が生まれるという価値だし、誰かと関わり、一人でもあなたに出会えてよかったと思ってくれる人がいることに。
 
 
それがどんな形だとしても。どんな捉え方だとしても。
 
 
何かを学び、考えるきっかけになっただけでも無価値ではなく価値がある人間だったと言うこと。
 
 
その価値を素直み認めてあげよう。
 
 
よかったじゃん
 
 
ただ、そうは言えないこともある。
 
 
それは逃げ続けること。
 
 
逃げることから何かを学んで、逃げちゃいけない時もあるんだな。
 
 
と学ぶならまだいい。
 
 
だが、逃げたあげくに、その逃げた自分を正当化しようとする人がいる。
 
 
それは違うんじゃないのか?
 
 
いつまで子供な考えをしているんだ。
 
 
逃げたことは自分で認めてあげればいい。自分は怖くて逃げたんだって。捉え方が変われば世界は変わるんだから。
 
 
もっとより良い人間になれる。
 
 
大事なのは捉え方を広げること。
広い範囲で物事を見れるようになることだ。
 
 
そして逃げずに立ち向かうこと。
 
 
立ち向かっていけばきっといつかその向こうに何か見えるはずだから。今取り組むべきことを取り組んでいけばいい。
 
 
それは目の前のことではないかもしれない。
 
 
だったら探せばいい。
 
 
何がいいのか悪いのか、どんな自分になりたいのかどんな自分で生きればいいのか
 
 
そこに答えがないからこそ、どんな時も自分なりの本質にたどり着く必要がある。
 
 
そこに気がつけたなら、あとは恐れず落ち込まずまずは目の前のことを取り組んでいくだけでいい。
 
 
淡々と、一つづつ前に進んでいけばいい。
 
 
変わるのは少しづつでいいし、成長も少しづつでもいい。
 
 
ちゃんと本質に戻ることさえできれば、きっとどんな時もやりがいに満ち溢れた、素敵な人生を送ることができるから。
 
 
何もなくなっても生きていけるような素敵な捉え方を手に入れることができるから。そこからが本当の勝負だ。自分の人生を生きるスタートに立つことができるのだから。
 
 
なんでもいいからまずは逃げないことだ。面と向かってそれはなんでなのか考えろ。そしてわからないなら聞けばいい。疑問があるなら正々堂々真っ正面からぶつかってくればいい。
 
 
決めつけるな。人の心なんて読むことはできないのだから。
 
 
自分は自分にしかわからない。
だから、どんな時も本質を忘れずそして追求することをやめず、自分のために、価値ある人間としてこれからも生きていくために、毎日毎日学びをやめず、少しづつでも心を大きく、そして成長をしていくこと。
 
 
行動しよう。自分のために。

 
 
 
 

人を思いやるためにはまずは自分が豊かになる必要がある      

f:id:yusuke-1014-04:20170604133713p:plain

f:id:yusuke-1014-04:20170604133509p:plain

 

 

 


「ボランティアや人のことを考えて行動をする前に

覚えて置かなきゃいけない真実とは。」

 

 

 

 

<↓心あたたまるこの動画に隠された真実↓>

 

www.facebook.com

 

 

 
シェアされてたまたま見たこの動画。

 


とても心温まるし、人のことを思いやったり、

何か幸せをわかち合うことがこんなに素敵なことなんだなって改めて実感しました。

 

 
してもらって人間にとってはものすごく嬉しいことだと思うし、

とても素敵な人間関係、この子の人柄が生んだ小さな幸せ。

 


この子のために自分のごはんを分け合おうって思える

素敵なこころを持った友達たちも本当に素敵な人だと思う

 


世界がこんな温かさで包まれたらきっと幸せで溢れた毎日になるんだろうなって思いつつも、あたたかいこの行動に含まれるいろんな意味を考えると「素敵」とだけ言っているのは逆に問題が見えていないことになる

 

 

 

 

<決して公にはされないある問題>

 


そもそもこの子の家が貧しく、

ごはんを作ることができないから建前だけお弁当箱を

持ってきているとしたらきっといつもご飯はないのだろう。

 


そしたら今日はもらえたからよかったけど、

明日はどうなるの?明日ももらうの?明後日は?

 


今死んでしまうのならば、助けるのは大事になってくる。

 


だが、もしこれが毎日続くようであるのならば

この子を助けるためには永遠と支援をし続けなければいけない。

 


もし支援をし続けるとしたらそのぶん自分に余裕が

ないとできるものではない。

 


もしお金がなくて自分のことで精一杯だとしたら

この子を救うことなんてできやしないんだ

 

 

 

<人の役に立つことができる人間とできない人間の差>

 

 

人の役に立ったり、誰かのために行動や考えられる人には

できる人とできない人の間に大きな差が存在していた。

 

 

ボランティアもNPOも全部そうだ。

 

 

それは一言で言うと「余裕」

 


大学生は特に今は親が養ってくれているから、人を支援するだけの

余裕があるのかもしれない

 

 

だけど自分が今度は養う側になった時、

自分一人で生きていくことになった時に支援をし続けていく

誰かのことを考えていくためには

 


それ相応の余裕を持っている必要がある。

 


金銭的にも時間にも心にも余裕がなければ

そもそも人のことなんか考えている余裕はなくなってしまうだろう。

 

 

 

 

<心と思いだけでは人は救えない!?>

 


人はそもそもどんな人でも人のことを思いやれる心は持っている

 


だけどその余裕がなければ結局は誰のことを救うことも

考えることすらできないんだ

 


自分が食べれないのに人の食べさせていてはいつか自分は壊れてしまう

 


そもそも人を救ったり人のことを考えるためには

人を豊かに、幸せにしていくためには、自分が豊かに、幸せになる必要があるんだ

 

 

お金もそう、時間もそう、心に空いた穴もそう

 


自分が置かれている状況、つまり「今」を正確に把握してこそ

未来を考えることも人のことを考えることもできる。

 


やりたいことがあるけど何かしら迷いがある

自分で動いているけれど今のままでいいのか不安

そもそもやりたいことすら見つからない

 


それは自分が本当の意味で「今」の状況を

把握仕切れていないから

 


今の状況で本当に満たされているのか

やりたいことを叶えるために今のままでできるのか

 


そこをちゃんと考えないと人のことを豊かにすることなんてできないんだなって

この動画をみて改めて実感しました。

 


誰かのことを考えるならまずは自分から。

自分のことを考えきれていない人が人のことを考えることはできない

 


ボランティアや支援、人のことを考えることを

考えるならまず初めに考えなきゃいけない問題はこれだと思う。

 


「現実を見ること」

 


まずは自分が心もそうだし「生きる」という生活面で

人のことを救える、支援できるくらい豊かになる必要があるんだ

 

 

 

 

<やりたいことをやるために考えるべきこと>

 

 

人のことを思うことも大事だが、

まずは自分のことから。目の前のことときちんと向き合って「今のままでいいのか」まずは疑問をもち、自分から動くこと。

 

 

行動が全ての変わるきっかけになる。

自分の現状から目を背けずにしっかりと手順、順番を考えること。

そこで初めて「未来」も「将来」も「道筋」も見えてくるのだ。

 

 

やりたいことをやるためにはお金も時間も必要になってくる。

その現実と向きあうことができたときに、

初めて次のステージが見えてくるだろう。

 

 

まずは目の前の「自立」という壁ときちんとむきあうこと。

 

 

そしてやりたいことを叶えることもそうだが、

生きていくためには時間もお金も必要になってくる。

 

 

「今の自分で、お金と時間とやりたいことは

全部成り立たせていけるのか?」

 

 

そこを考えて初めて

今やるべきことが明確になってくるんだ。

 

 

まずは豊かになろう。時間もお金もスキルもやりたいことも。

全部ができるように。自分のためが人のためになって

好きなように生きれるように。

 

 

=================

 

 

 

🌟無料コーチングコンサル実施中🌟

 

 

f:id:yusuke-1014-04:20170423130149j:plain

山根悠輔(19)中央大学2年

コーチンコンサルタント

高校野球野球塾事業

・教育系事業

 

 

コーチングを使った

人生相談・進路相談をやってます

 

 

・進路に迷いがある

・やりたいことを見つけたい

・なにか悩みがある

 

 

理由はなんでも大丈夫!

 

 

自分は話すことで自分が成長できる

そして人ととの繋がりが増える

 

 

そのためにやっています^ ^

 

 

悩みがあってもなくても

話してみたいでもなんでもOK

 

 

僕と一度お話ししてみませんか?

 

 

あなたの理解者はあなただけ

あなたに眠る答えを一緒に見つけましょう!

 

 

LINE@からご連絡ください!^ ^

 

 

LINE@:ID @zns0666f

Twitter:https://twitter.com/baseball_high_?lang=ja

Facebook:https://www.facebook.com/yusuke.yamane.756

 

↓ ↓ ↓ ↓  QRコード ↓ ↓ ↓ ↓ 

 

f:id:yusuke-1014-04:20170423133413j:plain

 

 

 

こちらをクリックでLINE@登録

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

f:id:yusuke-1014-04:20170510163627p:plain

 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

 

 

================

自分の夢に自信をもつー思考回路から違和感を消し去り夢を明確にする方法

f:id:yusuke-1014-04:20170510164404j:plain

 

 

◆自信が持てない原因:夢を語る前にまず現実を語れ

 

 

「私はこれになるために今頑張っているんだ。」

 

 

こう胸を張って言える人は今の大学生には結構多い。

 

 

いろんな大学生や社会人がいる中で、

こうやって自分がやりたいものと向き合って

前に進めている

それはものすごく素敵なことだと思う

 

 

今頑張っている理由があって、

今勉強をする理由があって、この一瞬を頑張ろうって

生きる理由があるから、やる理由があるから

 

 

理由があるからこそ、

止まらずに前に進み続けることができるんだ

 

 

ぶっちゃけ、大学には何も考えていなくて

ただ授業に出て、バイトをして、サークルをして、

なんとなく楽しい生活を送っている人はたくさんいるが、

 

この記事を読んでいるあなたはそうではなくて

将来の自分の姿をきちんと考えている人だと思うので

考えているのを前提に話していきます

 

 

毎日、やりたい道へと進んでいる。

毎日、自分の理想、進みたいものへと成長して近づいている

 

 

今のあなたは、

そう胸を張って自信満々にいうことができるだろうか?

 

 

そこに何か少しだけ違和感を感じないだろうか?

 

 

〇〇になりたい!

そのために今はこれをしているんだ!

 

 

しかし、よく考えてみてほしい

 

 

本当にそれであっているの?

その選択肢しか本当にないの?

もっといいものあるんじゃない?

じゃあ今のままでそこには到達できるの?

 

 

いろんな質問をした時に、

いや、私が決めたことだから。

 

 

そう強く言えるだろうか?

 

 

私はこれのために進んでいて、

人生を通してこれをやりたくて、

こう生きたくて、そのためにこの選択肢が必要で

だから今こうやってこんな活動をしているんだ!って

 

 

あなたはそう心から強く言い切ることができるだろうか?

 

 

周りの人がとか関係なく、

自分自身の心と向き合った時に

本心から「今は進むだけ。」と言い切ることができるだろうか?

 

 

今は言い切ることができない

そこまで未来を明確にイメージをすることができていない

もっと何かある気がする

なんかわからないけど違和感がある

 

 

そう思うのならば、

きっとあなたはあるものを持ってるのかもしれません

 

 

 

 

◆夢の道中にある違和感の正体とは

 

 

前章でものすごい量の質問をしていったが、

きちんと答えていただけただろうか?

 

 

正直、たいていの人がこういった質問は

スルーをしていくのだが、実際にあなたは僕がした質問に

答えていただけただろうか?

 

 

もし答えていて、そして何かしら

今自分が持っている理想かその道中か、今取り組んでいることか

 

 

何かしらに違和感を少しでも覚えたならば

そこには重大な落とし穴が隠されている可能性があります。

 

 

その落とし穴とは一体なんなのか。

 

 

それはひとことで表すと、「過去」そのものです。

 

 

あなたが夢を持っているということは

きっと何かしら「想い」があって、感情が動いて

それをやろうと思ったはずです。

 

 

しかし、今なにかしらの違和感を感じている。

 

 

それはなぜかというと、

あなたが今まで生きてきたこの時間、

つまり「過去」にとらわれて今の決断をしているからなんです

 

 

感情は日に日に変わっていくし、

日々、いろんな経験をしていく中で人は思うことも

見ている世界も感じ方も毎日毎日変わっていく

 

 

今日思っていることは、

明日は違うことを感じているかもしれない

 

 

違うからいい悪いではない。

違うのが当たり前なんだ

 

 

毎日毎日人は成長をすることができる

 

 

その成長の過程で何か違和感を感じるということは

以前の自分とは成長をしたから感じるものなんだ

 

 

その違和感の正体とは「自分自身の成長」

 

 

 

 

◆違和感を無くし、新しい自分と出会うために

 

 

違和感とは自分自身の成長とはわかっていただけたでしょうか?

 

 

成長をしてるからこそ

過去のあなたが思っていたこと、そして今の世界に違和感を

感じているんです。

 

 

だからって、この違和感を消さないと

ずっとモヤモヤした気持ちになってしまいますよね

 

 

モヤモヤしたまま、また同じ生活に戻っていく、

この一瞬は楽しいかもしれないが、静寂の時に戻った時に

ふと我に帰り、今のままでいいのか、何か違和感に襲われる

 

 

その感覚が一番不安ですよね

どうすればいいかがわからない感覚が一番不安を感じてしまうと思います

 

 

しかしこの違和感自体の正体は自己成長

 

 

自分のレベルがアップしたぶん、今の感情があるんですよね

 

 

本当はここの段階が一番のチャンスなんです

 

 

自分が成長をして一つステージが上がった。

 

 

この瞬間こそ、自分のステージをもう一段上げて

新しい自分自身と出会えるきっかけなんです

 

 

つまり一つ壁を乗り越えることができて新しい世界を見れる状態に

なっているということなんです

 

 

もっと広い世界を受け入れられる状態に

成長をしたということなんです

 

 

今まで教師しか見てなかった自分が

教育というところでやりたいことを見つけ

そこに向かって進んでいる。

 

 

教師に違和感を感じたからこそ、

本当に自分がやりたいことは子供の人生と

本気で向き合ってキラキラした子供を

可能性で溢れた子供を育てることだと

気がつくことができました

 

 

それも一つ壁を乗り越えたからこそ

見えてきたものです

 

 

今の違和感を無くし、進み続けるためには

もっと外の世界を見ることです。

 

 

同じことを思っていてもいい

 

 

教師なら教師でもいい

 

 

しかし教師の現実をネットでもいい聞いてもいい

現実を全部知った上で、自分は本当に

それに一生人生をかけて生きていっていいのだろうか?

 

 

そう自分と向き合ってほしい

 

 

もし答えが”NO”だった場合、

あなたには新しい可能性、未知の可能性が待っているからです

 

 

 

 

◆未知の可能性を引き出す「マインドマップ

 

 

今自分に眠っている可能性を引き出す、

自分に存在する未知の可能性を引き出すことができるもの

 

 

それを引き出す方法として「マインドマップ

 

 

というものがあります

 

 

これは自分の考えを枝状に広げていって、

自分がなんのためにそれを目指していて、

なぜそれがいいのか、それを通して自分は何を求めていたのか

それがわかるようになってきます

 

 

本当の自分に気づき、

新しい自分の本心と向き合うことができる

 

 

そして今のあなたから一皮剥け、

新しい世界へ導いてくれる助け舟になることでしょう

 

 

実際にマインドマップというものは

こういう形で書いていきます

 

 

f:id:yusuke-1014-04:20170510154124j:plain

 

 

これはどんな考えやアイデアを出す時にも

使うことはできますが、

今回は自分の人生、新しい自分の見つけ方というところで

書いているので、テーマを1つに絞ろうと思います

 

 

今回中心に書いていただきたいことは

「今あなたが思っているなりたいもの・送りたい人生のゴール」

です。

 

 

教師になりたいなら「教師の生活」

自由に生きたいなら「自由に生きる」

 

 

職業でも生き方でもなんでもいいです

 

 

ただ重要なのは今の自分が思っている

これになりたい!こんな人生を送りたい!

そう思うものを書くことです

 

 

f:id:yusuke-1014-04:20170510160407j:plain

 

 

こんな感じですね!

 

 

そした、そこに含まれている要素を

今度は書き出していきます

 

 

※ここは思いつく要素を思いつくだけ書いて見てください

 

 

f:id:yusuke-1014-04:20170510160709j:plain

 

 

そして、

 

 

そこから何を感じているのか?

何が魅力なのか?

何が嫌なのか?

何がやりたいのか?

何が好きなのか?

どんな感情になるのか?

何がネックで引っかかっているのか?

 

 

それを書き出して見てください

 

 

※多ければ多いほどいいです

 

 

f:id:yusuke-1014-04:20170510161048j:plain

 

 

書き出せたでしょうか?

思いついたものはどんどん書いて見てください!

 

 

次に、この中で、

 

 

なんかいいな

これ魅力的だな

こんなのいいな

 

 

何かプラスに思うものを黄色のマーカーで

引いて見てください!

 

 

※ない場合は、わかる色なら構いません

 

 

f:id:yusuke-1014-04:20170510160933j:plain

 

 

そして残ったものから

 

 

なんか嫌だな

これは嫌だ

問題になりそうだな

なんか引っかかりそうだな

なんか引っかかるな

 

 

そう思うものをピンクのマーカーで引いて見てください

 

 

f:id:yusuke-1014-04:20170510161311j:plain

 

 

ここまで終わったら、

ある程度自分が真ん中に置いたものに対して

何を感じているのかがある程度わかってきたのではないでしょうか?

 

 

自分がどんなものを好んでそれを選んでいて

どんなものを好まないのかが

はっきりと見えてきたはずです

 

 

そしたら最後、

 

 

黄色とピンク色で項目ごとに分けて見ましょう

 

 

f:id:yusuke-1014-04:20170510162305j:plain

 

 

これだけ分ければ

ある程度は見えてきますよね

 

 

自分が真ん中に置いた人生の

何がよくて、何が嫌なのか。

 

 

そこを実感できたと思います

 

 

しかし、ここにマイナスの部分が

あるということは、

その真ん中の人生を達成できたとしても

あなたの違和感が消えることはありません。

 

 

もしもいま、ここまで書いて見て

考えて見てマイナスの部分があるのならば

マイナスがなくなるものが他にないのか

プラスの部分で固まったものはないのか

もう一度考えて見ましょう。

 

 

もし、「そう考えたとしても見つからなかった」

 

 

または、「プラスで固まったが、

実際にこれをどう形にしていけばいいのかがわからない」

 

 

そういうあなたは、

他に選択肢がないのか考えて見たください

 

 

 

 

◆今は自分でなんでも作れる時代

 

 

もし選択肢が見つからなかったといしたら

こう考えて見てください

 

 

「もし自分がなんでもできるのだとしたら

どうするだろうか?

どんな人生を送るだろうか?

どう生きたいのだろうか?

どんな形でこれを叶えられるのだろうか?」

 

 

こうすれば他に可能性がどんどん見えてくるでしょう

 

 

自分はこれをやって初めて

 

 

「自分で事業をする」

 

 

という選択肢に行き着きました

 

 

あなたには可能性があります

 

 

ここまで見てくれているあなたには

自分の向き合い、本気で自分の人生と向き合う

可能性があります

 

 

そして無限の可能性を秘めているのです

 

 

だからこそ今一度考えて欲しい

 

 

なんでもできるとしたら、

 

 

「あなたはどうするだろうか?

どんな人生を送るだろうか?

どう生きたいのだろうか?

どんな形でこれを叶えられるのだろうか?」

 

 

こう自分に質問をして見てください

 

 

そこには可能性に溢れた答えが

見つかってくると思います

 

 

そしてあとは過去に縛られず、

今の成長した自分はこれを目指せるんだって

そう今の自分を認めてあげてください

 

 

それさえできれば

あなたの可能性は今の何倍にも何十倍にもなるでしょう

 

 

ストレスのない生き生きした輝いている人生を

送ることができるでしょう

 

 

自分の可能性を信じて、

未来を信じて今を行動する。

 

 

人は過去を生きているのではありません。

今を生きること

 

 

過去から成長し、

成長した自分を認めて今をもっと大きく生きましょう

 

 

 

=================

 

 

 

🌟無料コーチングコンサル実施中🌟

 

 

f:id:yusuke-1014-04:20170423130149j:plain

山根悠輔(19)中央大学2年

コーチンコンサルタント

高校野球野球塾事業

・教育系事業

 

 

コーチングを使った

人生相談・進路相談をやってます

 

 

・進路に迷いがある

・やりたいことを見つけたい

・なにか悩みがある

 

 

理由はなんでも大丈夫!

 

 

自分は話すことで自分が成長できる

そして人ととの繋がりが増える

 

 

そのためにやっています^ ^

 

 

悩みがあってもなくても

話してみたいでもなんでもOK

 

 

僕と一度お話ししてみませんか?

 

 

あなたの理解者はあなただけ

あなたに眠る答えを一緒に見つけましょう!

 

 

LINE@からご連絡ください!^ ^

 

 

LINE@:ID @zns0666f

 

↓ ↓ ↓ ↓  QRコード ↓ ↓ ↓ ↓ 

 

f:id:yusuke-1014-04:20170423133413j:plain

 

 

 

こちらをクリックでLINE@登録

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

f:id:yusuke-1014-04:20170510163627p:plain

 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

 

 

================