読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YAMANEcoaching.blog

自分の人生、自分だけの人生、やりたいことをやりたいようにやれた方が幸せなんじゃないのか。そう実感してからコーチングをはじめ、自分の理解者は自分しかいない。やりたいことを自分に素直い生きるためにコンサルタントとして活動しています。

何か違和感を感じるーその原因を突き止め楽しく進む方法

 

■人が感じる違和感…実はそれは違和感ではない!?

 

 

「違和感」

 

 

この言葉を聞くと、あなたはどんなことをイメージするでしょうか?

 

 

今の生活への違和感…。

今の学校への違和感…。

今の勉強への違和感…。

今の恋人への違和感…。

今の家族への違和感…。

 

 

「違和感」という言葉一つでもこれだけたくさんの

考え方、捉え方がありますよね。

 

 

しかもあなたもこの中にあってもなかったとしても

何か1つでも「違和感」という言葉を聞いて

イメージできるものがあったのではないでしょうか?

 

 

違和感というのは、いつでもどこでもどんな人でも

持っているものだと僕は感じています。

 

 

もし違和感を感じていない人がいるのだとしたら

それはきっと成功をしているか、

それとも進みたい道にドンピシャとして進んでいるか、

それとも現実を知らないか。

 

 

出てくる選択肢はそのくらいです。

 

 

もしこれに全く当てはまらない。

そう思う人がいるとします

 

 

そういう人の場合どうなるか。

 

 

違和感を感じていない人を「Aさん」とします

 

 

そのAさんは都内の私立大学3年生

勉強もそこそこできて、成績はある程度取っています

 

 

サークルには毎日のように行って、

サークルと勉強とバイトの毎日。

 

 

週3回8時間塾講師としてアルバイトをし、

その他の日は、勉強をしているかサークルをしているか

遊んでいるかのどれかだそうです。

 

 

きっとこんな生活を送っていたら

違和感も何も感じていないと思います。

 

 

毎日楽しく、いたい人といれて、遊べて

毎日きっと充実して生きられているはずです。

 

 

しかしながら、実はこれで充実感を感じていることというのは

とてもやばいことなのではないのかな?と自分は感じます。

 

 

いろんな人と遊べたり、やりたいことをやれている

確かに今はいいでしょう

 

 

楽しいから、忙しいから

 

 

ではもしその遊びや友達、時間がなくなったとしたら、

どうなると思いますか?

 

 

 

 

きっと人生がひっくり返ったように充実感や

満足感、幸せはなくなることでしょう

 

 

なぜなら、それは自分が大切にしていたものが

全てなくなってしまったから。

 

 

いや、正確に言うと、

自分が大切にしていると思い込んでいるから。

 

 

「今しか」付き合えない仲間と

「今しか」できないことをしているから。

 

 

だけど、この「今しか」と言う言葉自体、

違和感があとで押し寄せるような「今しか」という

意味だと言うことを大学生のほとんどは知らないのだ。

 

 

あなたが思っている「今しか」ないことは、

本当にあなたの人生を生きていくためのものなのでしょうか?

 

 

あなたが必要のない人間として、ロボットに変わられる日を

ただ刻々と待ち続けるしかない「今しか」なのでしょうか?

 

 

あなたの人生を生きるために、

本当の意味でも「今しか」できないことをやる

それがものすごく大事なことになるんです

 

 

 

 

■知られざる違和感の正体とは

 

 

 

 

 

■違和感を感じるのはしょうがないもの

■違和感を払拭し迷いを無くそう!

■人生を変える違和感と正しく向き合う方法